クラウドブログ

2019.04.10 【津田ブログ】平成最後のクラウドブログ

平成最後の4月にあたって、これまでとこれからと。

 

1996年に経産省総務省と会話を始めて、国内ベンダー200社との
討議と国際ASP会議の事務局長としてスタートしたクラウド推進活動。
思えばあっという間のクラウド産業創生の23年でした。

 

・FTTH
・動的HTML
・シンクライアント
・データセンター
・デュアルコア
・仮想化

 

矢継ぎ早に技術バックヤードが揃いました。
それとは別に、90年代前半から2000年にかけて、自身の研究開発テーマと、
その特許化と、MIT卒業生ベンチャーとのアライアンスビジネスも平行して
いたので、最初の5年は他人のクラウドのことまで・・・と死にそうでした。
(ボストンは遠かった!)

しかし産業創生もミッションと思い、とにかくASPによるパラダイムシフトの説明、
官僚向けのPPTと企業向けのテキスト作りと、大学講義資料作り。
さらには実例作りの公的プロジェクトとDC建設の毎日。
それでも最初は相手にしてくれる人は国内では少数。

その後の経過はいろいろありましたが、2019年現在、国内2兆円から
3兆円へあっという間のできごとでした。

 

最近は、特に自治体・地方銀行・民間を含めた基幹系の展開が本格化した
のでもうクラウドは私が「説得」とか「説明」ではなく、各自の生きるか
死ぬかのテーマとなりました。

 

ところが、そうでもないのです。
最近驚くようなことがありました。
ある企業のトップ(ほんとにトップ)と突っ込んだ話をしたのですが、
実はクラウドの

 

戦略検討をきちんとしていない。
営業的にもどのように売り分けしていいのか整理されていない。
■社内も社員によって認識に大きなバラツキ。

 

私としては「え~!?ビッグカンパニーで、それはないでしょ」です。
ということで、20年前にクラウドセミナーと教育を徹底的にやった
といっても、彼らの多くはもう定年していないのか。やり直すか!

これからが大事なのですね。せっかく大市場が開花するのです。
もう一度、以前とは異なるレベルと規模で「クラウドの基礎と販売と
プロジェクトメイキングの詳細教育」の依頼が多数。

 

それにこれからの新スキームでは、プライベイトクラウドとパブリッククラウドの
融合(と言ってもハイブリッドではない)というイノベーションもあるし。

 

VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由

 

今年は15回くらい合計2000名になるかという勢いです。
これまでの23年間で最も教育が忙しくなりそう。
(でもなんか違和感が・・・また教育かよ~ていう感じ)
でも、市場での動きが厚みを持っているので当然であり、流れなのかも。

みなさんも、クラウド市場はこれからが本番で大規模化。
やれる人・企業とやれない人・企業が明確に分かれると思います。
大成功企業と消滅する企業、シュンペータ先生の言ったとおり。

それはそれとしても、私の体力は続くだろうか、最後のご奉公として、
やるしかないが。

 

今はもう4月です。
とりあえず、それと対照的に「暗い部屋」の中で、しんどいけれど300ページ
のクラウドプロデューサテキスト改訂・執筆。

若干ノイローゼ気味になりつつ。

受講生の皆さん(そういえばその企業のトップも受講したいとか)セミナー
でお会いしましょう。

 

 

以上

検索