事例・活動

2017.08.30 富士通K5 Tech Talk始動!!

2017年4月『K5 Tech talk』は富士通さんの新しいクラウドコミュニティが始動しました。

 

”富士通らしくない”クラウドコミュニティを創設するべく、富士通K5TT事務局メンバーの皆様とアイデアを出し合い、悪戦苦闘しながらプログラムを考え、会合が実現しました。

NCRIは、工学博士津田さんのクラウド市場立ち上げ20年の経験からのクラウド普及プロセスや、多くのITベンダーのクラウド事業立ち上げ支援で培った経験値を活かし、熊谷の異業種での新規事業立ち上げ経験&マーケティング経験もフル活用で様々なアイデアをご提供致しました。

 

 

 

K5TT第1期(2017年上期)に実施したこと

 

 

【1】半期で5回の会合を開催

  K5/Oracle&K5/Mobile/AI を各会合のテーマとしました。

  最終回は参加メンバーによるLT(ライトニングトーク)を実施しました。

 

【2】目的

 1.現在は知名度の低いK5について、知って頂くこと!(すみません・・・)

 2.富士通への期待と改善ポイントを一気に洗い出し!(すみません・・・)

 3.参加しているITベンダーの社内課題

 4.提案できそうな案件、可能性について

 などについて、フランクでオープンにディスカッションを実施しました。

 

 

12

 

img_6897

 

6 

 

参加メンバーの反応

 

「え、こんなこと富士通さんの前で話していいの?!」

 

と参加メンバーも最初は不安に感じていたのですが、これまでの富士通と富士通パートナー
だけによる閉鎖的なビジネスから、アライアンス&シェアモデルに変革して行こうという、
富士通側~K5TTメンバーの皆様の想いが伝わり、闊達な意見交換ができました。

参加して下さったメンバーも信頼のおける方ばかりでしたので、言いにくいことも全て発言してくださいました。

 

 

いかにフランクに会話しているか・・・

 「資料の意味が分かりづらい・・・」

  ORACLEさん同席で、「ORACLE大好き」「ORACLE大嫌い」議論も勃発。

 「商品が良いのはわかったけど、富士通さんマーケティングが・・・」

これなら・・・とK5を使って提案したいと考えるメンバーが一気に増えました。

 「いろいろ手を打って、停止しないクラウドが実現ができている・・・すごい!」

 「サポートが日本語なのは安心。」

 「何かあればきちんと対応してくれる。」

ここに全ては書けませんが、みなさんがクラウドの活用・運用で苦労していることが分かりました。 

やっぱり国産!やっぱり富士通!ならではの良さを再認識しました。

お陰で、悪いところも良いところもすっかり共有することができました。

 

 

 

 

     「課題は解決するのみ」by 津田邦和

 

 

2

 

 

 

課題が見つかるということは、解決すれば良いのです。これからK5は進化しかないのです!

みんなでビジネス創出しよう。

 

 

#世のなかにもっとITクラウドを

 

 

 

 

クラウド★ビジネスプロデューサー

熊谷 恵津子(通称|えっちゃん)

※当記事は熊谷独自の視点で書かれたものです。

 

検索